sweet
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit03に出てくる【feel like drinking】の意味を掘り下げてみます。

【feel like 〜ing】の意味は?

最初に、結論。

【feel like 〜ing】の意味は、『〜したい』
例文1I feel like eating something sweet.
何か甘いものを食べたい
例文2I feel like going to Japan.
日本に行きたい。
例文3I feel like crying.
私は泣きたい。

というわけで、【feel like drinking】は『飲みたい』という意味になります。

似たような用法で、feel like 名詞 でも、『〜したい』となります。

例文4I feel like a beer.
ビールが飲みたい。

ここまでは大丈夫ですね。

実は、feel like はもう1つ違う用法があります。それは、【feel like S V】です。これは、【feel like 〜ing】と意味が違いますので、次で説明していきます。

【feel like 〜ing】と【feel like S V】の違いって、どういうこと?

結論。

【feel like S V】の意味は、『〜な気がする』『〜のように感じる』
例文5I feel like i can do it.
私はそれが出来そうな気がする。
例文6I feel like this bag is big.
このカバンは大きい気がする。

いかがでしょう?【feel like 〜ing】と【feel like S V】の意味はかなり違いますよね。ここで、重要なのは、【feel like】は用法によって、2つの意味があるということです。

ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【feel like 〜ing】と【want to】の違いは?

結論。

【feel like 〜ing】は『〜したいなぁ』
【want to】は『〜したい!』

前半で、【feel like 〜ing】の意味は、『〜したい』とご説明しました。じゃあ、【want to】と同じ意味だし、何が違うの?って思いますよね。

意味は一緒なのですが、ニュアンスが違うということなんですね。【want to】は、【feel like 〜ing】と比べると、ハッキリと『したい!』って感じです。

例えば、I want to eat.の場合だと、I feel like eatingと比べて、『食べたい!』ってニュアンスが強いってことです。

【feel like】 の意味がどうしても覚えられない人には...

結論。

globeの【Feel Like dance】を思い出してみて

globeのこの歌知ってますかね?

私は個人的には大好きな歌です(笑)。知らない人は是非とも聞いてみてほしいなー。

以上が、【feel like drinking】の意味を掘り下げてみた結果でした。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事