just
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit18に出てくる【just】の意味を掘り下げてみます。

【just】の意味は?

最初に結論。

【just】の意味は? 
①強調『本当に』
②『〜したばかり、ちょうど〜』
③『ただ〜なだけ』『ただの〜』
④『とにかく』『いいから〜して』
⑤『直ぐ』

はい。このように【just】意味はたくさんあります。みなさん、これ覚えられますか?

私は無理です。だって、なんか覚えづらい言葉ばかりだし。じゃあ、どうすればいいかというと、たくさんの例文に触れて、【just】に慣れるしかないです。

というわけで、①〜⑤についての例文を順番に掘り下げていきますね。

【just】の意味 ①強調『本当に』の例文

例文1I am just really tired.
私は本当に疲れた。
例文2She was just so great.
彼女は本当に素晴らしかった。

【just】の意味 ②『〜したばかり、ちょうど〜』の例文

例文3I just went to the store.
私はちょうどお店に行ったばかりです。
例文4I just finished.
私はちょうど終わったばかりです。
例文5It fits just right.
それはちょうどいいサイズです。
例文6I have just done it.
ちょうど終わったところです。

【just】の意味 ③『ただ〜なだけ』『ただの〜』の例文

例文7Just a minute.
ちょっとだけ待って。
例文8She is just a friend.
彼女はただの友達です。
例文9I was just curious.
私はただ気になっただけです。

【just】の意味 ④『とにかく』『いいから』の例文

例文10Just do it.
とにかくやってみろ。
例文11Just try it.
とにかく試してみろ。
例文12Just use it.
とにかく使ってみろ。

【just】の意味 ⑤『直ぐ』の例文

例文13There is a house just around the corner.
角を曲がった直ぐに店があります。

はい。以上が例文になります。この例文を踏まえて、【just】の勉強の仕方を次にお伝えします。

【just】の勉強の仕方とは?

最初にもお伝えしましたが、、【just】の意味はたくさんあり、覚えるのは大変だから、例文に慣れるしかないです。

じゃあ、どうやって慣れながら勉強をするのかというと、まずは、今までの例文に1回を通します。

その後、英語の勉強を進めていく上で【just】が出てきたら、この【just】のページに戻ってきて、どの【just】に当てはまるか確認します。もし、当てはまるのがなければ、辞書で確認します。以上をひたすら繰り返します。無理に意味を覚える必要はないです。

ここで、1つ注意があります。この【just】を調べていくと、『あれ、今回のjustは①〜⑤のどれにも当てはまらないぞ、辞書を見てもよくわからないぞ』と思うことがあります。

そういう時は、あまり神経質にならずに、なんとなくどれかの意味に紐づけて、次の勉強に移ってください。なぜかというと、そもそも【just】はこんなにいろんな意味があるわけですから、すべてを意味分けするのは難しいのです。

意味をきっちり分けて覚えるよりも、英語のニュアンスや状況で判断できるように、数多くの【just】を意識した方が使いこなせるようになりますし、変に時間を無駄にすることもないです。

というわけで、こんな感じで【just】を意識していくと、だんだん慣れていきます。そして、自然に覚えていきます。では、今日から、【just】に注目していきましょう!

以上が、【just】の意味を掘り下げてみた結果でした。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事