hat
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit01に出てくる【Can you】と【Can I】の意味を掘り下げてみます。

【Can I】の意味は?

最初に、結論。

【Can I】の意味は、『〜してもいいですか?』
特徴→『許可』『主語は自分』
例文1 Can I borrow your hat?
あなたの帽子を借りてもいいですか?
例文2 Can I ask you a question?
質問してもいいですか?
例文3 Can I open the window?
窓を開けてもいいですか?
例文4 Can I give you a hand?
手伝いましょうか?

いかがですか?何となくわかりますか?

重要なのは主語が自分だということです。これは、【Can you】との違いの重要な要素になります。では、どんどん行きましょう!

【Can you】の意味は?

結論。

【Can you】の意味は、『〜してもらえませんか?』『〜してくれませんか?』
特徴→『依頼』『主語は相手』
例文5 Can you open the window?
窓を開けてくれませんか?
例文6 Can you turn off the light?
ライトを消してくれませんか?
例文7 Can you pass me the salt?
塩をとってくれませんか?
例文8 Can you give me a hand?
手伝ってくれませんか?

今度は、【Can I】と比べて、主語が相手になっているのがわかりますか?

窓を開けるのは、相手。

ライトを消すのは、相手。

塩を取るのは、相手。

私を手伝ってくれるのは相手。

ぜーーんぶ、相手です。

なぜ、ここまで、主語が、自分なのか相手なのかにこだわるかというと、日本語から、英語に変換するときに、わかりやすいからです。

例えば、『駅へ行く道を教えてもらえませんか?』を英語に変換する場合は、教える動作は相手なので、Can you tell me the way to the station?となります。

ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【Can I】と【May I】の違いは?

結論。

基本的には同じ意味。【May I】の方が、よりフォーマル
例文9 May I go to the bathroom?
トイレに行ってもいいですか?
例文10 May I help you?
いらっしゃいませ(あなたを助けてもいいですか?)

厳密には違いがあるのですが、とりあえず、今回はこのような簡単な覚え方をすることにしました。

だた、【May I】の方がよりフォーマルということだけはイメージしておきましょう。これは、有名なMay I help you?でイメージはしやすいですよね。

更に更に、スルメのように『かみかみ』しますよー。

【Can you】と【Will you】の違いは?

結論。

基本的には同じ意味だがニュアンスが違います。
【Can you】→『可能性』のニュアンス
【Will you】→『意志』のニュアンス
例文11 Will you marry me?
結婚してくれませんか?←プロポーズになってる
例文12 Can you marry me?
結婚してくれませんか?←プロポーズになってない。

日本語的には、意味は似ているのですが、ニュアンスは違います。

その違いが一番わかりやすいのが、今回取り上げた上記の例文11と例文12です。

少し解説すると、例文11は【will】が使われていて意志のニュアンスがあるので、プロポーズの状況になってます。

しかし、例文12は【can】が使われていて可能性のニュアンスなので、プロポーズの状況というよりは、事務的に結婚自体ができるかどうかを聞いてるニュアンスです。これでは、相手に、プロポーズの意図は伝わりませんよね。

というわけで、プロポーズするときは、【will】を使いましょう!

以上が、【Can I】と【Can you】の意味を掘り下げてみた結果です

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事