america
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit01に出てくる【The U.S.】は、なぜ【the】が必要かを掘り下げてみました。

【The U.S.】は、なぜ【the】が必要?

最初に、結論。

【The U.S.】の【U.S.】は【United States of America】の略で、『いくつかの州が集まって1つになったもの』だから、【the】が付きます

これだけだと、よくわからないと思うので、もう1つルールをお伝えします。

『特定の集団』を表すときは、【The + 複数形】を使います

上記のルールを踏まえると、【The U.S.】は『いくつかの州が集まって1つになったもの』=『特定の集団』なので、【the】が付くのです。

この【The + 複数形】の他の例は以下になります。

【The + 複数形】The Beatles→ビートルズ
THE ALFEE→アルフィー
The Kennedys→ケネディ家の人々
The United Arab Emirates→UAE(アラブ首長国連邦)

いかがでしょうか?すべて『特定の集団』ですよね。これで、なぜバンド名に【the】がつくのか理解できましたね。

では、今度は、【The + 複数形】ではなく、【単なる複数形】はどのような使い方になるでしょうか?

単なる【複数形】はどのような使い方になる?

結論。

【単なる複数形】は、『総称』です。

これは、どう意味かと言うと、【The + 複数形】は、『特定の集団』で、ある枠組みの中でしたが、【単なる複数形】はそれよりも更に広い枠組みとなるという事です。

具体的には以下の例文を参考にしてください。

【The + 複数形】と【単なる複数形】の例文I like The books→私は本が好きです.(その本のグループなら好き)
I like books→私は本が好きです.(本ならなんでも好き)

では、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【the】と【a】の違いは?

結論。

【the】は『みんなで特定できるもの』『会話の中では2回目でよく使われる』
【a】は『みんなで特定できないもの』『会話の中では1回目でよく使われる』

この『会話の中では1回目でよく使われる』や『会話の中では2回目でよく使われる』とはどういう事かというと、

ある会話A君【I read a book】『本を読んだよ』
B君『その本は私が貸した本のこと?』
A君【It's the book】『その本です』

最初に、A君が、【I read a book】『本を読んだよ』と言ってますが、その時は、B君はどの本かわからない。つまり、みんなで特定できていないので、【a book】となってます。

逆に、A君が【It's the book】『その本です』と言った時は、B君もA君もどの本かわかっている。つまり、みんなで特定できているので、【the book】となってます。

ではでは、ここまで、『特定できるもの』は【the】が付くと理解しているかと思いますが、【sun】【moon】などは【the】が付くでしょうか?

【sun】【moon】などは【the】が付く?付かない?

結論。

【sun】【moon】などは【the】が付きます。
→『特定できるもの』で、しかも、『1つしかないもの』だからです

この『1つしかないもの』は、他にも、【world】【earth】などがあります。

では、似たようなもので、【America】【Tokyo】【London】などは【the】が付くでしょうか?

【America】【Tokyo】【London】などは【the】が付くか?

結論。

【America】【Tokyo】【London】などは【the】が付きません。
→『固有名詞』は【the】が付きません

ここまで、理解できれば、なぜ、【America】には【the】が付かないけど、【The U.S.】は【the】が付くのかが、完全理解できますよね!!

実は、今回言いたかったのはこれだったんです。いやー、道のりが長かった(笑)

次が最後です。

『固有名詞』以外に冠詞がつかない時は、どのような時?

結論。

【冠詞がつかない時】は、『固有名詞』『スポーツ』『食事』です。
【冠詞がつかない時】『スポーツ』→baseball tennis
『食事』→dinner breakfast

以上が、【The U.S.】の【the】について掘り下げてみた結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事