eat
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit02に出てくる【anything】とそれに関連する【something】との違いを掘り下げてみます。

【anything】と【something】の違いは?

早速結論。

基本ルール1
【anything】は、疑問文、否定文、条件節。【something】は肯定文で使用する
例文1Do you have anything to eat?
何か食べたいものありますか?
例文2I haven't eaten anything today.
今日は何も食べていない。
例文3I feel like eating something sweet.
何か甘いものが食べたい。

これが、基本のルール1です。何だか、むかーし、中学生の頃、聞いたことがあるような感じがしませんか?

で、これで終われば、誰も、【anything】と【something】の違いで苦労することはないはずですが、そう簡単には、終わらないんですよね。

たぶん、次の有名な例文で、みんな、訳が分からなくなります。では、いきますよー。

Would you like something to drink?は疑問文なのに、なぜ【something】が使われてるの?

結論。

基本ルール2
『相手の返事がyesを予想できる時』や『yesと答えて欲しい時』は、疑問文でも【something】を使う
基本ルール3
『相手の返事がyesかnoか予想不可の時』は、【anything】を使う
例文4Would you like something to drink?
何か飲み物はいかがですか?

この例文は、曲者ですよ!

だって、基本ルール1だと疑問文なんだから、【anything】 だと思いますよね。でも、更に、基本ルール2があって、そのルールに当てはめると、今回は、【anything】ではなく、【something】になります。

もう少し、この例文4を深掘りすると、
実は、この例文は、お店(喫茶店等)で、店員さんがお客様に、『何か飲み物はいかがですか?』を聞いているシチュエーションで、一般的に、そんなお店に入って、何も飲まないって選択肢は少ないですよね。つまり、『相手の返事が何かを飲むと予想できる』つまり、『相手の返事がyesを予想できる時』なので、【something】となります。

もちろん、シチュエーションによっては、基本ルール3に該当して、
【Would you like anything to drink?】になる場合も当然あります。

あー、ややこしい。

ではでは、以上のルールを踏まえて、更に迷ってしまう例文をご紹介します。

スルメのように『かみかみ』していきますよー。

You can do anythingは肯定文なのに、なぜ【anything】を使っているのか?

基本ルール4
『限定なし、広い範囲』の時は【anything】を使う
『何かをぼんやりと限定』の時は【something】を使う
例文5You can do anything.
何でも出来るよ。

いかがでしょう?今回は、肯定文なのに、【anything】が使われてますね。これは、基本ルール4が適用されているからです。

もし、話し手が、『何かをぼんやりと限定』の気持ちで話をしているなら、この例文は、【something】でも間違いではありません。

つまり、話し手の気持ちやシチュエーションによって、【anything】や【something】に変わります。

あなたなら、なーーーんでも出来るよ。って感じなら、【anything】がピッタリですし、そこまで思っていないときは、【something】がピッタリです。

ちなみに、【Prime English】のSkit02で使われている【anything】は肯定文ですので、何でもっていうニュアンスが含まれているということです。

ここまで、勉強してきて、なんかいろいろ基本ルールがあるけど、結局どう使い分けすればいいの?って思いませんか?そこで、私が出した結論は次になります。

結局、【anything】と【something】は、どうやって使い分けるんですか?

結論。

基本ルール1をベースにし、状況によって、基本ルール2,3,4で判断する

いろいろ、考えた結果、これが私の最終結論です。スパッと分けられないから、迷うんですよね、【anything】と【something】は。ただ、今回、なるべく整理してお伝えしたつもりです。

最後に、【anything】と【something】の意味は以下になります。

【anything】の意味は『何か』『何でも』『何も』
【something】の意味は『何か』

【anything】の意味には、何でもというような広い範囲が含まれてますよね。このあたりが、基本ルール4につながります。

以上が、【anything】と【something】の違いを掘り下げてみたPart1の結果です。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事