move in
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit01に出てくる【move in】の意味を掘り下げてみます。

【move in】の意味は?

最初に、結論。

【move in】の意味は、『引越しをする』
例文1I'm moving in next year.
私は来年引越しをする。

【move in】のポイントは、【move in】の後ろに目的語がないと言うことです。例文でも、『いつ』という情報はありますが、『どこに』という情報はないですよね。まず、このことを押さえておいてください。

では、次に、【move to】の場合です。

【move to】の意味は?

結論。

【move to】の意味は、『〜に引越しをする』
例文2I'm moving to Japan next year.
私は来年日本に引越しをする。
例文3I'm moving to Tokyo next year.
私は来年東京に引越しをする。

【move to】のポイントは、【move to】の後ろに目的語があることと、その目的語が『国、都市』のようなエリアの場合に使われるということです。

ここまでで、【move in】と【move to】の違いは大丈夫ですか?

さあ、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【move into】の意味は?

結論。

【move into】の意味は、『〜に引越しをする』
例文4I'm moving into a new house next year.
私は来年新しい家に引越しをする。
例文5I'm moving into a new apartment next year.
私は来年新しいアパートにに引越しをする。

【move into】のポイントは、【move into】の後ろに目的語があることと、その目的語が『家、アパート』のような具体的な場合に使われるということです。

ちょっと、【move to】と【move into】の違いがややこしいですよね。でも、【to】と【into】の前置詞の本質のニュアンスを押さえておけば大丈夫です。

【to】は、『方向性』のニュアンスなので、『国、都市』のようなエリアを示し、【into】は、『中に』のニュアンスなので、『家、アパート』のような具体的な中身を示します。

では、ここで、一度まとめます。

【move in】と【move to】と【move into】の違いは?

結論。

意味目的語は?
move in引越しをするなし
move to〜に引越しをする『国、都市』のようなエリア
move into〜に引越しをする『家、アパート』のような具体的

それぞれの違いをまとめたものが上記の表です。

ちなみに、今回の【Prime English】のSkit01では、【move in】と【move into】が使われてます。

私は、最初、勉強していた時に、【move in】と【move into】の違いがわからなかったので、かなり戸惑いました。でも、今回取り上げたことを理解してからは、なるほどね!って思えるようになりました。

以上が、【move in】の意味を掘り下げてみた結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事