shine
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit12に出てくる【willingness】の意味を掘り下げてみます。

【willingness】の意味は?

最初に、結論。

【willingness】の意味は、『気持ち』『意欲』です。

この『気持ち』『意欲』の根本になるニュアンスは前向きです。つまり、プラスのイメージです。この『気持ち』の意味も、前のめりの『気持ち』です。

例えば、以下例文です。

例文1Thanks for your willingness to help.
あなたの私を助けてくれる気持ちに感謝します。

この『相手の気持ち』は、前向きな気持ちです。ですので、なんとかあなたの力になろうとしてくれてるという事です。

では、『意欲』に関する例文は以下になります。

例文2willingness to invest
投資意欲
例文3willingness to buy
購買意欲
例文4willingness to learn
学習意欲
例文5willingness to study
学習意欲

この『意欲』という意味も、きっちり押さえておきましょう。

さあ、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【be willing to 〜】の意味は?

結論。

【be willing to 〜】の意味は、『喜んで〜する』です。
例文6I'm willing to go.
私は喜んで行きます。

はい。ここで注意です。

【be willing to 〜】の意味は、『喜んで〜する』とご説明しましたが、実は、そんなに喜んでするっていう訳ではないのです。

いや、試験とか学校とかでは、『喜んで〜する』で教えられるので、皆さんもそう覚えている人は多いと思うのですが、英語圏では、どちらかというと以下の意味合いで使われているようです。

【be willing to 〜】の意味は、『必要であれば〜する』『〜してもいいけどね』です。

いかがでしょう。全然、『喜んで』って感じではないですよね。

最初に、【willingness】は、前向きなニュアンスとお伝えしましたので、【be willing to 〜】の意味は、『喜んで〜する』で、スッキリするとは思うのですが、英語圏での実情は違うという事は理解しておきましょう。

ちなみに、Skit02では、【be more than willing to 〜】が使われていて、この意味は、『喜んで〜する』となってます。【more than】が付くことによって、『必要であれば〜する』から『喜んで〜する』にランクアップしてる状態ですね。

このSkit02とSkit12の【willing】をきっちり押さえておかないと、ごちゃごちゃになって、理解不足となりますのでご注意くださいね。

私自身も、最初、Skit02とSkit12の【willing】がごっちゃごちゃになって、意味を履き違えて覚えてたりしてましたが、何回も【Prime English】を勉強することによって、その部分はきっちり理解することができました。

以上が、【willingness】の意味を掘り下げてみた結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事