fan
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skitに出てくる【I'm not a big fan of〜】の意味を掘り下げてみます。

【I'm not a big fan of〜】の意味は?

最初に、結論。

【I'm not a big fan of〜】の意味は、『〜はあまり好きではない』です。
例文1I'm not a big fan of Japanese food.
日本食はあまり好きではない。
例文2I'm not a big fan of reading books.
本を読むのはあまり好きではない。

【I'm not a big fan of〜】の【〜】の部分は、名詞か動名詞がきます。例文1,2もそのようになってますね。

さあ、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【I'm not a fan of〜】の意味は?

結論。

【I'm not a fan of〜】の意味は、『〜は好きではない』です。

これは、【I'm not a big fan of〜】から、【big】がなくなった形です。この【big】は『あまり』と言う意味で使われてますが、なぜ、【big】を使うかと言うと、『好きではない』だと直接的すぎる表現なので、もうすこし、柔らかく返答したい時に、【big】をつけて、『あまり好きではない』という意味で使うのです。

ではでは、今度は、【I'm not a big fan of〜】と同じ意味の英文は思い浮かびますでしょうか?

【I'm not a big fan of〜】と同じ意味の英文は?

結論。

【I'm not a big fan of〜】=【I'm not really into〜】
例文3I'm not really into Japanese food.
日本食はあまり好きではない。
例文4I'm not really into reading books.
本を読むのはあまり好きではない。

【I'm not really into〜】は【I'm not a big fan of〜】と同じ意味で、しかも使い方も一緒です。ですので、【〜】の部分も、名詞か動名詞がくることも同じです。

ではでは、今度は、【not】がなくなった場合どう言う意味になるでしょうか?予想してみてください。

【I'm really into〜】の意味は?

結論。

【I'm really into〜】の意味は、『〜がとても好きだ』『〜にとてもはまってる』です。
例文5I'm really into playing the guitar.
私はギターを弾くことにとてもハマってる。
例文6She's really into me.
彼女は私にベタ惚れだ。

どうでしょう?【I'm really into〜】は、とっても好きって言う気持ちが入ってますよね。これは、【into】に注目すれば、覚えやすいです。【into】は中に入るという意味ですよね。つまり、中に入っていくぐらい好きってことです。その状態って、『ハマってる!』って感じですよね。

以上が、【I'm not a big fan of〜】の意味を掘り下げてみた結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事