meet
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit22に出てくる【meet】の意味を掘り下げてみます。

【meet】の意味は?

最初に、結論。

【meet】の意味は、①『会う』②『〜と知り合う』

はい。【meet】は中学生の時に勉強しましたよね。だから、こんなの余裕だよって思うかもしれませんが、だからこそ、丁寧に勉強したことがないのではないでしょうか?

というわけで、今回は初歩的単語の【meet】を取り上げてみました。

①『会う』については、皆さんもご存知の意味だと思いますが、②『〜と知り合う』は意外と知らなかった人も多いと思います。今回の【Prime English】では、この②『〜と知り合う』という意味で使われてます。

さあ、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【meet】と【meet with】の違いは?

結論。

【meet】と【meet with】の違いは?
→【meet】は、『初めて会う』時に使います。
→【meet with】は、『何かを話し合うために会う』時に使います

【meet】は、『初めて会う』の例文は以下です。

例文1I first met my son five years ago.
私は5年前に初めて息子と会った。
例文2Have you met her before?
彼女に会ったことがある?
例文3It's my great honor to meet you.
あなたにお会いできてとても光栄です。

【meet with】は、『何かを話し合うために会う』の例文は以下です。

例文4I met with my friend at his office .
私は私の友達と彼のオフィスで会った。

この【meet】と【meet with】は上記のように状況によって使い分けてくださいね。

次は、【meet】を使ったイディオムをご紹介します。

【meet】を使ったイディオムは?

結論。

【meet a deadline】→『締め切りを守る、締め切りに間に合う』
【have a meeting】→『会議を開く』

なぜ、【meet a deadline】が、『締め切りを守る、締め切りに間に合う』という意味になるのかというと、【meet】には『満たす』という意味もあり、そこから今回のような意味になってます。

他にも、もっと【meet】を使ったイディオムはあるのですが、一度には覚えられませんので、まずは、この2つはよく使われますので、覚えておきましょう!

何事も無理をしないのが、勉強が長続きするコツです!

最後は、この質問です。

【meet】と【see】の違いは?

結論。

【see】は2回目の時に使います。
例文5Nice to meet you.
初めまして。
例文6Nice to see you again.
またお目にかかれて嬉しいです。

例文5は初めての挨拶なので、【meet】が使われてます。

例文6は2回目の出会いなので、【see】が使われてます。

これで、【meet】と【see】の違いはバッチリですよね。

以上が、【meet】の意味を掘り下げてみた結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事