listen
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit22に出てくる【Guess what?】の意味を掘り下げてみます。

最初に、結論。

【Guess what?】の意味は?

【Guess what?】の意味は、『ちょっと聞いてよ』

【Guess what?】は、例えば、今日道でお金を拾った事を友達に聞いてもらいたいときに、【Guess what?】『ちょっと聞いてよ』『今日、道でお金を拾ったんだよ!』と言うように使います。

つまり、相手に話したいことがあって、その話をする前に相手の気をひくために使います。ですので、『ちょっと聞いてよ』と言う日本語以外に、『ねえねえ』なんて日本語も合いますよね。

使い方さえ分かってれば、意味はなんとでも応用ができます。

ちなみに、直訳だと、『なんだと思う?』となります。

では、【guess】自体の意味はわかりますでしょうか?

【Guess 】の意味は?

結論。

【Guess】の意味は、『思う。推測する』

この【Guess】の意味の『思う』は、【think】よりもちょっと自信がない弱めの『思う』になります。『推測する』と言う意味から何と無く想像はできますよね。

では、【Guess 】の意味を確認できたので、ちょっと戻って、もし、話し相手から、【Guess what?】と言われたとき、どのように返事すれば良いかわかりますか?

【Guess what?】と言われたときの返事は?

結論。

【Guess what?】と言われたときの返事は、【What?】で大丈夫です

つまり、日本語でいうと、【Guess what?】『ちょっと聞いてよ』と言われて、【What?】『なに?』というようなやり取りです。

ただ、話し相手によっては、【Guess what?】の後に、そのまま話を続ける場合もあるので、一概に、全ての返事が【What?】になる訳ではないです。

ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げます。では、【Can you guess what this is?】の意味はわかりますでしょうか?

【Can you guess what this is?】の意味は?

結論。

【Can you guess what this is?】の意味は、『これが何だかわかりますか?』

まさか、『ちょっと聞いてよ』を日本語訳に入れてないですよね(笑)

この文はある重要な文法が使われてます。それは、関節疑問文です。

【what this is】の部分が関節疑問文です。

では、関節疑問文をスルメのように『かみかみ』掘り下げてみましょう。

間接疑問文を理解しよう!

以下が例文になります。

例文1Do you know who she is?
彼女が誰だか知ってますか?
例文1Who is she?→彼女は誰ですか?
間接疑問文になると・・・
Do you know who she is?→彼女は誰だか知ってますか?

この例文の中で、間接疑問文の部分は、【who she is】です。ポイントは語順です。では、順に解説していきます。

例えば、『彼女は誰ですか?』を英語にすると【Who is she?】ですよね。でも、上記例文では、【who she is】となり、【she】と【is】の語順が逆ですよね。

つまり、間接疑問文は、普通の文の中に疑問文を入れる場合、通常の疑問文と違うということです。今回の例文のbe動詞が使われている場合は語順が逆になります。

では、be動詞以外の疑問文の場合はどうなるでしょうか?

例文2When did he come here?→彼はいつここに来ましたか?
間接疑問文になると・・・
Do you know when he came here?→彼はいつここに来たか知ってますか?

上記の例文の場合は、間接疑問文にする場合は、【did】は決して、このかわり、【did】が過去形だったので、【come】を【came】の過去形に変化させてます。

この例文1と例文2のパターンはよく使われるので必ず理解しておきましょう。

ちなみに、私は、超弩級英語初心者マスターなので、間接疑問文という言葉を今回初めて知りました。世間では中学三年で勉強するらしいのですが、まったく記憶にありません。たぶん、私は、中学三年時点で英語はついていけなくなってたんでしょう(涙)

以上が、【Guess what?】の意味を掘り下げてみた結果でした。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事