wait
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit15に出てくる【We were waiting for you】の意味を掘り下げてみます。

【We were waiting for you】の意味は?

最初に、結論。

【We were waiting for you】の意味は、『あなたを待っていた。』

この、【were waiting】の部分は過去進行形です。過去進行形は、『ある過去の時点で何かをしている最中の時』に使用します。

これだけでは、わかりづらいのでまずは例文をみてみましょう!

例文1I was watching TV last night.
私は、昨夜テレビを見ていた。
例文2I was reading a book when I was at school.
私は、学校にいた時本を読んでいた。
例文3It was raining when I returned from work.
仕事から帰ったときに雨が降っていた。

いかがでしょうか?どれも、『ある過去の時点で何かをしている最中の時』の話ですよね。

ちなみに、現在進行形については、以下で掘り下げているので気になる人参考にしてください。

ここから少しスルメのように『かみかみ』して掘り下げますよ。

では、逆に日本語から英語を考えたとき、『あなたを待っていた』は、過去の時点で、それまでずっと待っていたということで、過去完了形の継続用法の【We had waited for you】で、OKだと思いませんか?

でも、これはイマイチなんです。理由は次でご説明します。

なぜ、『私たちはあなたを待っていた』は【We had waited for you】ではイマイチなのか?

理由①

『待っていた』ということは今に繋がっているということなので、もし、完了形を使うなら、【We had waited for you】ではなく、【We have waited for you】となります。

理由②

更に、【wait】は、短い継続を表す動詞のため、進行形で使うのが自然です。というわけで、理由①で修正した【We have waited for you】から更に、【We have been waiting for you】となります。

理由③

更に更に、アメリカ英語では完了形を過去形で代替することが多いので、【We have been waiting for you】から、【We were waiting for you】となります。

この変化をまとめると以下になります。

『私たちはあなたを待っていた』
→【We have waited for you】完了形の継続用法
→【We have been waiting for you】waitは短い継続を表すから進行形を使う
→【We were waiting for you】アメリカ英語では完了形を過去形で代替えすることが多い

いかがですか?この変化、おもしろいですよね。英語は奥が深いっす。

というわけで、【We were waiting for you】は英語から日本語を考えるときは、ふーんって感じですが、日本語から、英語を考えるときは、いろいろ、英語のエッセンスがありますので、この文は結構勉強になります。

以上が、【We were waiting for you】の意味を掘り下げてみた結果でした。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事