busy
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit20に出てくる【too A to B】の意味を掘り下げてみます。

【too A to B】の意味は?

最初に、結論。

【too A to B】の意味は、『AすぎでB出来ない』
例文1My mother is too busy to study.
母は忙しすぎで勉強できない。

まずは、この例文1の日本語訳に注目してください。

日本語訳は、『母は忙しすぎで勉強できない』ですよね。でも、英語文の中にはどこにも、『出来ない』という否定形は使われてません。でも、日本語訳は、『出来ない』となっています。これは、なぜでしょう?

答えは、英語を前から訳すための意訳だからです。

本来、例文1は直訳すると『母は勉強するには忙しすぎる』で、それを前から訳すために意訳して、『母は忙しすぎで勉強できない』となっているのです。

ではでは、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げます。

今度は、【too A to B】文を【so that】を使って変換する場合はどのような英文になるでしょうか?

【too A to B】文を【so A that B】を使って変換する方法は?

結論

【too A to B】文を変換する場合、
→【so A that B can't】

はい。【too A to B】文を変換する場合は、【so A that B can't】となります。

では、【too A to B】文を【so A that B】を使って変換する場合、なぜ【can't】を使うか、みなさんならもう分かりますよね!

そうです。【too A to B】は意訳する時否定のニュアンスが含まれているので、変換する場合【can't】が入ります。例文は以下になります。

例文2My mother is so busy that she can't study.
母は忙しすぎで勉強できない。

では、次のパターンに行きます。

【too A for 人 to B】の意味は?

結論。

【too A for 人 to B】の意味は、『Aすぎて人はB出来ない』
例文3It was too cold for Taro to sleep.
寒すぎて太郎は眠れなかった。

どうですか?だんだん似たような表現が続いたので、頭の中がごちゃごちゃになってきましたか?

でも大丈夫です。まずは、ここまでを覚えておいて、今後は、【too】や【so】などが文章の中に出てきた時に、このページを思い出して、どのパターンになるかを考えてください。それを繰り返していけば、そのうち自然に頭の中に定着していきます。

逆に、それをせずに、丸覚えするだけだと、まず間違いなくすぐ忘れます。(笑)

よく、英語は例文で覚えろとか、言いますが、それは、基本の例文をうろ覚えでもいいので、頭に入れておいて、その後は、そういった文章を見るたびに、その文の型を思い出し、理解していこうという意味だと私は理解しています。

ですので、今回覚えてすぐ忘れてしまっても、決して、落胆せず、また、このページに戻って理解する事を諦めずに繰り返してみてくださいね。

以上が、【too A to B】の意味を掘り下げてみた結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事