angel
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit04に出てくる【more A than B】の意味を掘り下げてみます。

【more A than B】の意味は?

最初に、結論。

【more A than B】の意味は、『BというよりもむしろAだ』
例文1He is more an angel than a demon.
彼は、悪魔というよりはむしろ天使だ。

これは、比較級の分野ですね。この例文を見ると、『ふんふん、なるほどね』って思うじゃないですか?

たぶん、これだけなら、誰でも理解できたはずです。

でもですね、比較級は、いろんな似たような表現方法があるので、勉強を進めていくと、だんだん、どれがどれだかわからなくなっていって、結局、比較級嫌い!ってなります。私がそうでした。

つまり、比較級の分野は、奥が深くて、深掘りがどんどんできるため、一度に覚えきれないんですねー。

そこで、今回は、深掘りはある程度までとし、少しづつ覚えていくことにします。名付けて、カメカメ作戦です。

では、次に、有名なクジラ構文に行きましょう!

クジラ構文 【no more A than B】 の意味は?

【no more A than B】の意味は、『BがAではないのと同様に、主語もAではない』
例文2A whale is no more a fish than a horse is (a fish).
馬が魚でないのと同様に、クジラも魚ではない

はい、これが有名なクジラ構文です。クジラが例文に使われているからクジラ構文と言われています。

ポイントは2つです。

① noは、noの次の語句を否定するので、no more=まったく〜でない という意味になります。つまり、前半は、クジラはまったく魚ではない。となります。

than以下は、前半の文章より更にありえない内容になります。前半の文章が、いかにありえない内容かを更に強調して伝えてます。

以上のポイントを踏まえると、『クジラは全く魚ではない』『馬が魚ではないのと同様に』となり、最終的に、『馬が魚でないのと同様に、クジラも魚ではない』となります。

このように考えれば、前半から順番に訳す事ができます。

いやー、【more A than B】と【no more A than B】はnoがあるかないかの違いだけなのに、意味はずいぶん違いますよねー。

だから、こんがらがってくるんです!

さあ、ここから、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。でも、心配しないでください。今回は、次で『かみかみ』は終わりにしますので。

【no less than】【no more than】【not more than】【not less than】の意味は?

結論。

【no less than】の意味は、『〜も多く』
【no more than】の意味は、『たった〜しか』
【not more than】の意味は、『せいぜい』
【not less than】の意味は、『少なくとも』
例文3I have no less than 10000yen.
私は一万円も多く持っている
例文4I have no more than 10yen.
私はたった10円しか持っていない
例文5I have not more than 10yen.
私はせいぜい10円しか持っていない
例文6I have not less than 10000yen.
私は少なくとも一万円は持っている

いやー、似た文章のオンパレード。ややこしいですよね。

noの場合は次の語句を否定するので、no moreは『たった〜しか』という意味になるのはわかりますね。

では、notの場合はどのように考えればいいでしょうか?

notの場合は、not以下の文章をすべて否定し、上限、下限のイメージで考えてください。

どう言う事かというと、例えば、more than 10yenの場合は、10円以上となり10円が下限となりますが、それに、notがつくと、10円以上を否定するので、意味は逆で10円以下となり、10円が上限となります。つまり、意味は、『せいぜい10円しか』となるのです。

以上のような理屈を踏まえておけば、普通の丸覚えよりかは覚えやすいと思いますので、頑張って覚えてみてください。

以上が、【more A than B】の意味を掘り下げてみた結果でした。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

 

おすすめの記事