embarrass
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit10に出てくる【be embarrassed to】の意味を掘り下げてみます。

【be embarrassed to】の意味は?

最初に、結論。

【be embarrassed to】の意味は、『〜するのが恥ずかしい』
例文1I am embarrassed to announce in public.
私は人前で発表するのが恥ずかしい。

ここまでは大丈夫ですね。

ちなみに、ローマ字読みだと、エムバラスなので、そこからばらすにつながり、バラされると恥ずかしいにつなげれば、少しは覚えやすいです。

では、ここからは感情動詞について掘り下げていきます。

感情動詞とは?

結論。

感情動詞とは、感情を表す動詞です。
例えば、驚く、興奮する、失望する

まあ、そのままですね。でもここからが重要です。ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

感情動詞のsurpriseの意味は何でしょう?

結論。

surprise→驚かす
ちなみに、be surprised→驚く

はい。では、なぜbe surprised→驚くとなり、受動態で使われているのでしょうか?

これは、英語の世界に関係します。

日本人は、驚く場合、自分の内面から感情が出てきて驚くとイメージしますよね。でも、英語圏の人は逆で、外からの影響によって驚くと考えるのです。

ですので、surpriseは外から影響されるという事で、驚くではなく、驚かすになるのです。

例文2I was surprised to hear that story.
私はその話を聞いて驚いた。

他の感情動詞の例文は以下になります。

例文3I was excited to hear the story
私はその話を聞いて興奮した。
例文4I was disappointed to hear the story
私はその話を聞いて失望した。

次で最後です。

『怪我をする』は英語では何ていう?

結論。

『怪我をする』→【be injured】
例文5I was injured.
私は怪我をした。

なぜ、ここで『怪我をする』の話を出したかというと、怪我をするときは、自分の内面からではなく、外からの影響によって怪我をしますよね。

なので、『怪我をする』は受動態になっているのです。

これは、感情動詞の時と同じ理屈ですね。それが言いたくて、『怪我をする』をここで、取り上げました。

以上が、【be embarrassed to】の意味を掘り下げてみた結果でした。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事