confusion
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit05に出てくる【as】の意味を掘り下げてみます。

【as】の意味は?

最初に、結論。

【as】の意味は、メチャメチャあります。
前置詞で3種類 接続詞で5種類 関係代名詞 イディオム多数

そうなんです。【as】意味はメチャメチャあるんですよ。

これ、覚えてられないですよね。でも大丈夫です。勉強の方法がありますので。

【as】の意味の覚え方。

まずは、今回、大変ですが、1回【as】の意味をすべて、覚えてみましょう。

そして、勉強していく上で、【as】をみたら、このページに戻り、どの【as】の意味なのかその都度確認してください。

それを繰り返していくと、だんだん記憶が定着していきます。

そのためには、一回、意味を覚える必要があります。ちょっと大変ですが、1回でいいので覚えてください。これは、頭の中に【as】の意味の受け皿を作るためです。

頭の中に受け皿がないと、知識がバラバラで記憶が定着しづらいんです。

なので、1回は覚える必要があります。

では、その覚えるための意味をそれぞれ説明していきますねー。

【as】の意味の前置詞3種類

結論

前置詞:as + 名詞
①〜として ②〜であると ③〜の時、〜の頃
覚え方は、『とし、であ、とき、ころ』
例文1I joined the team as doctor
医者としてチームに参加した
例文2He regards his son as a genius.
彼は、彼の息子を天才であると考えている。
例文3As a child,I lived in Japan.
子供の頃、私は日本に住んでいた。

これが、前置詞としての【as】の意味です。asの後ろは名詞がきます。

意味の覚え方は、『とし、であ、とき、ころ』をリズムよく何回も言ってください。とりあえず、50回ぐらいでお願いします。

では、次は、接続詞です。

【as】の意味の接続詞5種類

接続詞
①〜する時(同時性)
②〜なので(理由)
③〜だけれども(逆説)
④〜するにつれて(比例)
⑤〜するように、〜する通りに(様態)
覚え方は、『とき、ので、けれども、つれ、ように』
例文4I saw Taro as I was getting off the train.
電車を降りる時に太郎が見えた。
例文5As it is dark outside,drive carefully.
外は暗いので気をつけて運転して。
例文 6Hot as it was,she did wear a coat.
暑かったが、彼女はコートを着ていた。
例文7As time went by,the girl became more beautiful.
時が経つにつれて、その娘は美しくなった。
例文8Do as you are told
言われたようにしろ

これが、接続詞としての【as】の意味です。

意味の覚え方は、『とき、ので、けれども、つれ、ように』をリズムよく何回も言ってください。とりあえず、50回ぐらいでお願いします。

では、次は、関係代名詞です。

【as】の意味の関係代名詞

結論

the same A as B 『Bするのと同じA』
such A as B 『BするようなA』
例文8This is the same story as you watched yesterday.
これはあなたが昨日見たのと同じ話です。

【as】が関係代名詞として使われてますよね。特にこれ以上の説明はありません。

さあ、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。最後はイディオムです。

【as】のイディオムは?

結論。

as if 『まるで〜のように』
as well as 『〜と同様に』
as soon as 『〜するとすぐに』
as soon as possible 『できるだけ』
as long as 『〜する限り』『〜しさえすれば』
as far as 『〜する限り』

いやー、いっぱいありますねー。でも、がんばって1回は覚えましょう。その後は、勉強中に【as】が出てきたら、必ずこのページに戻って、意味を確認してください。それを繰り返しているとそのうち自然に覚えていきます。

ちなみに、【Prime English】の中では、接続詞:〜するにつれて、前置詞:〜として、イディオム:as if、比較:〜と同じくらい の使い方が出てきてました。

以上が、【as】の意味を掘り下げてみた結果でした。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事