go
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit06に出てくる【be off to 〜】の意味を掘り下げてみます。

【be off to 〜】の意味は?

結論。

【be off to 〜】の意味は、『これから〜に行く』です。
例文1I'm off to Japan.
これから日本に行きます。
例文2I'm off to the station.
これから駅に行きます。
例文3I'm off to school.
これから学校に行きます。
例文4I'm off to bed.
もう寝ます。
例文5I'm off to Japan.
これから日本に行きます。
例文6I'm off to hospital.
これから病院に行きます。

これだけ例文を出せば、【be off to 〜】の使うイメージはつかめますよね。

【be off to 〜】の意味で重要なのは、『これから』の部分です。言い換えれば、『今から』という意味にもなります。

イメージ的には、子供が朝家から、学校に行く時、玄関で『行ってきまーす』という感じです。まさに、『これから』って感じですね。

では、ここからは、更に、スルメのように『かみかみ』して掘り下げますよー。

【be off to 〜】を 【go】を使って言い換えるとどのようになるでしょうか?

【be off to 〜】を【go】を使って言い換えると

結論。

【I'm off to school.】『これから学校に行きます』
→【I'm going to school】
→【I'll go to school】

先ほど、【be off to 〜】の意味で重要なのは、『これから』の部分とお伝えしましたが、今回【go】を使って言い換える場合は、当然、『これから』の部分が肝になります。

その証拠に、【go】を使って言い換える場合は、『現在進行形』【I'm going】か『未来形』【I'll go】が使われてますね。

ちなみに、なぜ、『現在進行形』が『これから』の部分に言い換えられるかわかりますか?もし、わからな人は、下記をご確認ください。『現在進行形』を掘り下げてますので。『現在進行形』は、決して、今していることだけを表現してる訳ではないんですよー。

話は少し元に戻りますが、そういえば、なぜ、【be off to 〜】の意味が、『これから〜に行く』になるかは何となくわかりますか?これはですね、

【off】が今いるところから離れるニュアンス

【to】は方向性を表すニュアンス

以上のニュアンスを足すと、今いるところから離れて、ある場所は向かうということになり、そこから、『これから〜に行く』という意味に繋がってます。

あと、【be off to 〜】を使うか、【be going to】を使うか、【will go to】を使うか、どのように使い分ければいいかというと、【be off to 〜】は他のと比べて、カジュアルな表現ということを覚えておいて下さい。

ということは、日常会話でよく使われるということです!

以上が、【be off to 〜】の意味を掘り下げてみた結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事