1
スポンサーリンク

こんにちは!【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】のPart1で1回転目学習が終わって、2回転目の学習に入ったので、これまでの結果をご報告いたします。

ちなみに、【Prime English】の13回転目の学習結果(完結編)については、以下をご参考にしてください。

【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】のPart1で1回転目の学習期間と学習内容は?

【Part1で1回転目の学習期間】→ 『23日』

Part1のチャプターは23チャプターあるので、1日1チャプター実施して、23日かかりました。

学習内容① 日本語を音声で聞いて、英語で話す
② 間違ったら、何度も英語を聞いてその後すぐに英語で話す。この時、自然に口から流れるようになるまで繰り返す
③ スムーズに英語で発音できるようになったら次の文に進む
④①〜③を繰り返しながら、どんどん次の英文に進む
⑤10個の英文まで進んだら、1番目の英文から10番目の英文までスラスラと英語で発音できるようになるまで、ひたすら繰り返す。
⑥最後に、日本語を聞いて、英文でノートに書く。

この学習方法は、【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】に記載されている学習方法は、大枠は一緒だと思いますが、全部が一緒ではありません。なぜ、この学習方法なのかというと、以前、【Prime English】の最後の方で実施していた学習法だからです。

【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】のテキストをみて思ったのが、『Prime Englishでの私の学習法と似てるな』でした。で、せっかくなら、今まで自分がやってきた方法の方がやりやすいので、ちょっと自己流で学習してます。でも、大枠は同じ学習方法なので、同じような効果が出るはずだと思ってます。

あと、1つ気をつけていることは発音です。なるべく、ネイティブっぽく、CDの発音通りに出来るように実施してます。この発音についても、以前【Prime English】で発音を勉強したので、すんなり発音できてます。たぶん、【Prime English】をやらずに、【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】をネイティブっぽく発音するにはちょっと時間がかかるかもしれませんね。いや、勉強しててよかった!

【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】のPart1で1回転目の学習時間は?

【Part1で1回転目の学習時間】→ 『1時間』

だいたい1時間で終わります。このぐらいで、スムーズに発音できるようになり、かつ、日本語から英文がすんなり思い浮かべるようになってました。

まとめ

Part1は中学1レベルなので、1時間で勉強時間は終わってますが、Part2,Part3に進んでいくと、もっと勉強時間は必要になりそうです。

今回、【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】を初めて学習しましたが、【Prime English】の13回転勉強しても、なかなか難しかったです。特に私は英語の基礎がないので、日本語から英語という作業は苦手です。

ただ、この【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】も、【PrimeEnglish】の時と同様に、繰り返し繰り返し勉強する予定ですので、何回転で、自分のものになるのか、楽しみです。

以上が、【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】のPart1で1回転目の学習結果でした。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

みなさんもぜひ、【Prime English】と【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事