telephone
スポンサーリンク

こんにちは!【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して深く理解し、英語学習の基礎にしようと奮闘中の、超弩級英語初心者マスターのチェリーです。

今回は、Skit18に出てくる『ちょっと待って』の英語にすると?を考えてみます。

『ちょっと待って』の英語にすると?

最初に、結論。

『ちょっと待って』の英語にすると?
just a second(sec)
just a minute
just a moment
『ちょっと待って』の英語にすると?
wait a second(sec)
wait a minute
wait a moment

今回、【Prime English】で使われていたのは、【just a sec】【wait a minute】です。上記で6パターン取り上げましたが、どれも似たような感じなので、そんなに理解するのに大変という事はないと思います。

ちなみに、【second】は『1秒』、【minute】は『1分』、【moment】は『少しの間』を表してます。どれも、短い時間という意味なので、『ちょっと待って』という意味になります。

あと、【just a sec】は、【just a second】の略ということもおさえておきましょう。

これで、『ちょっと待って』については、大丈夫ですね。では、次は、電話を使用している時の『ちょっと待ってはわかりますか?』

『電話を切らないでちょっと待って』を英語で言うと?

結論。

『電話を切らないでちょっと待って』を英語で言うと?
【hold on】

【hold on】は、『しっかりつかむ』と言う意味が有名ですが、『電話を切らないでちょっと待って』と言う意味もありますので、覚えておきましょう。

以上が、ちょっと待って』の英語にすると?でしt。

あと、興味のある方は、私の1年間続けた【Prime English】の学習法も参考にしてみてくださいね。

https://ganbarinsai.com/how-to-study

みなさんもぜひ、【Prime English】をスルメのように『かみかみ』して、英語を楽しんでみてください。では!

おすすめの記事